アトム歯科医院アトム歯科医院

お問い合わせ・ご予約 0467-82-8241
お問い合わせ・ご予約 0467-82-8241

子どもを虫歯菌から守るために

口内には、たくさんの細菌が住みついているというのはよく耳にする話ですね。
成人の口内には100~300種類もの細菌が存在します。
この中にはいわゆる虫歯菌や歯周病原菌など悪い作用を及ぼす悪玉菌だけでなく、口腔内環境の維持を行う共生細菌・善玉菌も存在しています。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんの口内は虫歯菌が居ないのです。
ご存知でしたか。
俗説で、虫歯になりやすい体質は遺伝するというものがありますが、遺伝ではないのです。
親から子どもに後天的に受け継がれるものなのです。
虫歯になりやすい体質になるかどうかは、幼児期にどんな細菌を周囲の大人から感染させられるのかで決定します。
ですから、親をはじめ、周りの大人の口内に虫歯菌が少なければ、子どもが虫歯になるリスクは減るということなのです。

わが子を虫歯から守りたいのが親心。

どのようにすれば、虫歯菌からわが子を守る事ができるのか。
それは、一番子どもと接する母親をはじめ周りの大人の口内の虫歯菌をなるべく少なくしておくことです。

口内の虫歯菌を少なくする方法として、自宅では、電動歯ブラシなどでまんべんなく丁寧に、殺菌効果のある歯磨き粉で磨くことと、デンタルフロスなどで全ての歯のスキマを磨いて歯垢(プラーク)を完全に除去することが必要です。
これをきちんとする事はかなり難しいので、定期的にかかりつけの歯科医院などで施行や歯石の除去をしてもらう事のが現実的ではないかと思います。
また、手軽な方法としては市販のうがい薬がありますが、プラーク・歯垢や歯石が出来てしまっている場合には効果を期待出来ないので、やはり歯科医での歯のクリーニングと併用を考えた方が良いかと思います。

普段から定期的に歯科医で歯のクリーニングをしているのならば、おそらく口内細菌の量は少ないと思われます。
そうでない場合には、女性ならば妊娠を希望し始めた段階から、定期的に歯科医でクリーニングしてもらうようにするのが良いでしょう。
なぜなら、妊娠初期はつわりで、後期になってくるとお腹が大きくて長時間仰向けになるのが辛くなり、治療を受けることが難しくなります。
また、産後も、新生児を抱えて歯科医へ通うのは大変な場合が多いと思われるからです。
他のご家族は、赤ちゃんを授かったことがわかってからでも良いかとは思いますが、予防歯科の立場からすると普段から歯のお手入れに歯科医を利用していただくのが理想です。

口内にどのくらい虫歯菌が居るのかを唾液で検査する事も出来ますので、気になる方は歯科医で聞いてみてください。

診療時間

木曜・祝日・祭日は休診
9:00~12:30
14:00~17:30
 水曜は午後休診とさせていただく場合がございます。
 土曜日は完全休診になる場合があります。
直接お問い合わせ下さい。
アトム歯科医院

ご予約・お問い合わせ

0467-82-8241 WEBからのお問い合わせ

〒253-0052
神奈川県茅ヶ崎市幸町22-25 八洲ビル2F

平日 9:00~12:30 ・14:00~17:30
土曜 9:00~12:30
休診日 木曜・日曜・祝日
水曜は午後休診、土曜日は完全休診とさせていただく場合がございます。
直接お問い合わせ下さい。

アクセス:JR茅ヶ崎駅南口より徒歩1分
     

お電話はこちら

メールでのお問い合わせ

ページのトップへ