アトム歯科医院アトム歯科医院

お問い合わせ・ご予約 0467-82-8241
お問い合わせ・ご予約 0467-82-8241

初期症状の歯肉炎でストップしておきましょう!

歯磨き粉や歯ブラシのCMは、テレビでもインターネットでも盛んにやっていますね。
一昔前はよく聞いていた「歯槽膿漏(しそうのうろう)」はあまり聞かなくなった気がしませんか?
現在では、歯周組織が破壊され、その機能を侵す病気を総称して「歯周病」と呼ばれています。

ブラッシング時に出血がみられ、歯茎にのみ炎症がある。
これが歯周病の初期段階である「歯肉炎」です。
初期段階だから問題ないでしょう…はちょっと待ってください。
放置しておけば確実に次の段階である「歯周炎」へ、さらに本丸の「歯槽膿漏」へと進んでいきます。

歯茎から出血していませんか?

img001
普段通りに歯磨きをしている時、リンゴなど固いものをかじった時、痛みはないけれど歯茎から出血していませんか?
そんな時、歯茎はピンク色ではなく、赤紫色になっていませんか?
口臭がきつかったり、口内にねばつきがあったりしていませんか?
これらは全て、「歯肉炎」のサインです。

痛みはないけれどよく出血しているのは、歯茎が炎症で柔らかくなっているからでしょう。
細菌が歯周ポケットに溜まりはじめています。
その腐敗臭が口臭の原因であり、出血で血液特有のにおいが口内に充満しているので口臭を悪化させているというワケです。
そして、歯茎の血流が悪くなり、腫れている状態になっているので、ピンク色がどんどん変色している状態です。

何だかこわい…ような気もしますが、歯肉炎はきちんとセルフケアをすれば改善していきます。
この段階で適切なケアがされていれば、悪化して急いで歯医者さんへ…ということもしなくてすむかもしれません。
まずはやるべき事をしっかりやってみませんか。

歯垢をしっかり取り除きましょう!

歯肉炎は歯茎の炎症ですから、葉と歯茎の間の歯周ポケットの歯垢をしっかり取り除きましょう!
一般的な歯周病向けのデンタルグッズはたくさんありますが、炎症や出血があるので毛先が柔らかい・細いブラシがオススメです。
優しくマッサージをするように歯と歯茎をブラッシングしてみてください。
統計では、ブラッシングと歯間ブラシが一番歯垢を取り除けるようです。

img02

後は、口内の細菌が繁殖しやすいのでできるだけ鼻呼吸を意識したり、甘い物を食べたら口をゆすいだり、うがいをして口内環境を保ったりなども地味ですが有効な方法です。
また、健康な歯茎を取り戻すためには、歯と歯茎の土台となっている骨コラーゲンの再生のためにビタミンCの摂取もいいでしょう。

少しの異変で対処できればホームケアで改善できる「歯肉炎」。
けれど、同じぐらい気付かないうちに進行してしまうこともあるのです。
少しでも悪化していると思った時は、進行を早く食い止めるように歯医者さんで治療をしてもらうことが大切かもしれませんね。

診療時間

木曜・祝日・祭日は休診
9:00~12:30
14:00~17:30
 水曜は午後休診とさせていただく場合がございます。
 土曜日は完全休診になる場合があります。
直接お問い合わせ下さい。
アトム歯科医院

ご予約・お問い合わせ

0467-82-8241 WEBからのお問い合わせ

〒253-0052
神奈川県茅ヶ崎市幸町22-25 八洲ビル2F

平日 9:00~12:30 ・14:00~17:30
土曜 9:00~12:30
休診日 木曜・日曜・祝日
水曜は午後休診、土曜日は完全休診とさせていただく場合がございます。
直接お問い合わせ下さい。

アクセス:JR茅ヶ崎駅南口より徒歩1分
     

お電話はこちら

メールでのお問い合わせ

ページのトップへ